創造は自由だ!

キャリア的視点450

こんにちは(^^) キャリアコンサルタントのひだです。今日のテーマは「創造力」です。

AIとかDXとか騒がれていますね^^ 私にはその本質や社会的な意味は分かりませんが、AI・DXをキャリア的視点から考察してみたいと思います。
私達の仕事を変えていくのは私たち自身の手で行われないといけません。流されるのではなく、流れを作る側に立つために何が出来るのでしょうか?

さぁそれでは、日常に潜むキャリアの種を感じていきましょう。読了時間は3~5分です。

Creativity【 創造力 】

キャリアを考える上で欠かせない物が創造力です。
なんて偉そうな書き出しをしていますが、私自身が「弱み」と自覚している部分でもあります。私は1を2にすることは出来ると思うのですが、0を1にすることは「得意ではない」という自覚があります。

どちらも「創造力」が必要ですが、その質も結果も大きく変わります。特に0を1にすることをできる人には敵いません。発想力・創造力が桁違いなのだと感じるのです。

キャリア的視点448 -iPhoneの功績-

とはいえ、0から1を創造する人も「○○だったら面白いよね」を実行する才能なのだと思えますから、私達にもできるようにも感じます。
iPhoneの生みの親、故スティーブ・ジョブズのきっかけも「iPodxデジカメ」だったと聞きます。

いっそ関係のなさそうな複数の物を掛け合わせる「発想力」
実際にそれを行う(製作する)「行動力」
完成までやり続ける「持続力」
この三つを合わせて「創造力」になるのではないかな、と思うようになってきました。他にも要素は色々ありそうですが^^;

私達が仕事をする上で、「なんかやりにくいんだよなぁ」と思った時、そこには改善と、そして新しい物を生み出す創造の種があるのかも知れませんね。

創造的な仕事を創造せよ!

現在、DX(Digital Transformation=「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」)により、私達の仕事環境は変化をしています。
これはパソコンが普及してオフィスでの業務が手作業からパソコンに切り替わっていった頃を彷彿とさせますね。しかし今回はより大規模です。パソコンが普及して誰もが当たり前に使えるようになってきた背景があるのです。

写真は冷凍倉庫の物流システムです。これまでは低温倉庫での作業も作業員が防寒着を着込んでフォークリフトを使用して手作業で行っていたのですが、これからは機械が変わってくれるのです。
過酷な環境における作業も、DXによって人の仕事の質が変わっていくのです。

「AIが発展すると仕事がなくなる」「多くの人がAIによって仕事が奪われる時代が来る」
そういわれて何年も経ちました。事務職などの作業がAIによって奪われ、人間の仕事が無くなるというのです。

本当にそうでしょうか? 私はAIもDXも同じ感覚でとらえているのですが、それはどういうことなのでしょうか。

要は「単純作業」という「誰にでもできそうな仕事」をAIも含めた機械に任せる。私たちはパソコン・機械にはできないクリエイティビリティのある仕事を行うという【役割分担】を行うと言うことです。

キャリア面談の上で「私の仕事は誰でもできる仕事でやる気が出ないんです」なんて話も聴く機会があるのですが、これからはそういったやる気の出ない仕事をパソコンが変わってくれるのです。私達の業務はその機械を管理するマシンオペレーターやその他の創造的な仕事に切り替わっていくのです。

新しい物を作り出していく。
自分の想像力で自分の仕事をも創造していく。
これからはそんな時代なんです。

そして今はその過渡期です。今、その波に乗って自らを変えていく時なのです。ここで躊躇していると本当に機械に仕事を奪われてしまいますよ~^^;
私達はこれまでも様々な変化に対応してきました。今も対応していくべき時なんです。
ましてやこれから若い世代の労働力が減っていきます。海外から呼んだり高齢者に頼らないといけない時代です。せめて高齢者に頼らなくても良い様に、今、DXで私たちの労働環境を変えていきましょう^^

私達の手で! 私達の想像力で!

個人の活性化を組織の活性化に繋げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。