Happy Birthday , my honey!! #キャリア的視点 525

こんにちは(^^) キャリアコンサルタントのひだです。今日のテーマは「パートナー」です。

私事ですが、実は本日は妻の誕生日なのです^^ おめでとう!
色々な意味で半人前な私と結婚して15年も一緒に居てくれる貴重な女性です。10歳も年が離れているのに私にいろいろと教えてくれる。何よりも自分のキャリアに一生懸命な、自律して自立した素敵な存在です。今の私が在るのは彼女のおかげですね^^

さぁそれでは、日常に潜むキャリアの種を感じていきましょう。読了時間は3~5分です。

今日は妻の誕生日なのです

今日は妻の誕生日なのですが、情けない夫の私は何のサプライズも用意できていません。我ながら情けない話です。

皆さんはパートナーの誕生日はちゃんと覚えていますか? 誕生日だけではありません。初めてのデートはどこに行ったかとか覚えていますか?
ご結婚されているのであれば結婚記念日、及び入籍記念日なども大切ですね。新婚旅行にはどこに行ってどんな思い出があるのか、なんてこともちゃんと覚えていますか?

そんな話を聴いて喜ぶ人ばかりとも言えませんが、多くの方が喜んでくれると思いますよ。ぜひパートナーの誕生日などの機に思い出してみてはいかがでしょうか?

私の家族の場合、2006年に結婚をしました。あれから15年の内に2人の子供にも恵まれ、何とかかんとか楽しく生活しています。
しかし近年、Covid-19の直前に私が会社を辞め独立を決める時も、嫌な顔はひとつくらいで、今も私の仕事には口をはさむことなく背中を支えてくれています。私的には良妻賢母としか言えない、頼れて尊敬する存在です。

あなたは自分のパートナーを自慢していますか?

日本では謙遜の文化の一環として自分や家族を卑下する習慣がありますね。

「いやいやうちの妻なんて、お宅の奥さんに比べたらぜんぜん大したことありませんよ~」
今日もどこかでそんな声が聞こえてきそうです。
私は本音でこの文化が苦手です。

タレントの関根勤さんや所ジョージさんは声を出して言っています。

関根勤
妻への愛が止まらない。今でもお風呂を覗きたい。

grape entertainment

所ジョージ
自分が選んだ人を褒めるのは当たり前でしょ。

私はこの二人の想いが好きです。影響力のある人がこうしたことを発信してくれるのは素敵だと思います。
日本も当たり前に自分のパートナーを、家族を褒めて自慢し合える文化があるべきだと思うのです。その姿を視た子ども達は、きっと自分のパートナーを大切にする大人に成長すると思うのです。

正直、子どもが生まれてから、外で手を繋ぐことも激減しました。本音は今でも手を繋いで二人でお出かけしたいのです。まぁそれは子供たちが成長して、手がかからなくなってからのお楽しみという事ですね。
披露宴でも宣言していますが、「目指せ、チャーミーグリーンのおじいちゃんおばあちゃん!」です^^

昨年のブログも併せてご覧くださいね^^

個人の活性化を組織の活性化に繋げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。