YouTube 始めました #キャリア的視点 627

こんにちは(^^) キャリアコンサルタントのひだです。今日のテーマは「Youtube 」です。

実は私もこの3月からYoutubeチャンネルを開設しまして、私の気になる方々とおしゃべりをし、毎回10~13分程度に分けたシリーズ的なインタビュー動画を公開しています。まだまだ開設して1か月。とはいえこれからも続けていくためにはどんどんと企画を考えていくことも必要かも、なんて考えています。
皆さんお付き合い、&チャンネル登録をよろしくおねがいします^^

さぁそれでは、日常に潜むキャリアの種を感じていきましょう。読了時間は3~5分です。

YouTube

YouTubeって何? 初めて聞いたよ。
という人はもうほとんどいないでしょう。生まれて間もない乳児すらYouTubeという認識はなくても、親からのご機嫌取りで動画を観る今のご時世です。

2005年2月に設立されたこのサービスは、翌2006年11月にGoogleによって買収され、今に至ります。(Wikipedia)(…解説して1年で16.5億米ドル/当時ってとんでもない話ですよね!)

つまりYouTUbeというサービスは、まだたかだか16年程度の歴史しかなく、同時にまだこれから変化していく余地を残したものだと思うのです。しかしそれ以上に、YouTuberと呼ばれる【職業】をもこの世に生み出し、新しい事業展開の場であったりと大きな可能性を感じているのではないでしょうか。

ヒカキンさんやフワちゃんなど多くのYouTuberが今や芸能人として活動しています。新しいアメリカンドリームのルートとしても認識されるくらいにYoutubeは世界の経済を一変させたツールであり、一大産業なのだと思うのです。

YouTuber

先述の通り、多くのYouTuberが今や芸能人として活躍しているのとは全く反対に、多くの芸能人がYoutubeを主戦場に切り替えていたりもします。YouTubeをネタの試験場のように使っている芸人さんもいます。

有名なのが、オリエンタルラジオのあっちゃんこと中田敦彦氏。「TVでは自分のやりたいことをやり切れない」的な主体的に考えた結果、芸能人としてのブランド力を活かした集客で登録者を劇的に増やし、【Youtube大学】なんてコンテンツもヒットし収入に繋げています。今や「日本にいる必要なし!」と家族で海外移住していますから徹底していますね。

元雨上がり決死隊の宮迫博之氏と立ち上げた【Win-Win-Wiiin(*)】などはYouTubeでTV番組をやるといった某県企画などもありました。
*スポンサーをつけてセットを組んだスタジオ収録など制作・製作はまさにTV番組そのものです。【Win-Win-Wiiin】というチャンネル自体はなく、中田氏・宮迫氏・今は極楽とんぼ山本氏も含めて、それぞれのチャンネルで順次公開という形を取っています。

私自身もYouTubeを始めたからと言って、そこまでの展開は(現段階では)全く考えていません。私は自身のアウトプットの場と、私の周りにいる、私が気になっている有名・無名の皆さんを紹介したいと思って始めたものですから、目的も展開も違っています。ただ多くの方に観ていただきたいとは思っていますので、ぜひご覧いただき、登録などをしていただけると嬉しいですね~

個人の活性化を組織の活性化に繋げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA