なりたい自分に成る。在りたい自分で在る。夢を叶える方法 #キャリア的視点 560

こんにちは(^^) キャリアコンサルタントのひだです。今日のテーマは「夢を叶える方法」です。

私達は幼いころからいろいろな夢を描いてきました。様々な事を思い浮かべては「いいなぁ」「欲しいなぁ」「成れたらいいなぁ」
しかし、「○○したい」というのは願望ではあっても夢ではありません。このままでは願望は願望のまま叶うことなく、忘れられてしまうのでしょう。
夢の叶え方、教えます。

さぁそれでは、日常に潜むキャリアの種を感じていきましょう。読了時間は3~5分です。

夢の叶え方

夢〇叶う

この〇にはどんな言葉が入りますか?
「は」でしょうか? 「が」でしょうが?

答えは、「夢は叶うまで行動し続ければ叶う」です。

真っ先に結論を書くと、夢を叶える為には「行動」が大切です。というより行動もしないで叶う夢は、ない訳ではないのでしょうが、他力に頼ってしまい自分自身のちからによる再現性がないのです。

思い描くだけで一切の行動に起こさないのは、夢ではなく「妄想」です。
「誰かに伝える」という行動を起こしたとしても、叶える為の行動を続けることが無ければ、「虚言」といわれてしまうでしょう。

夢は「叶うまで行動し続けるから」叶う。
当たり前ですがこれが夢を叶える方法なんです。

夢の描き方

夢というのは「将来、こう成りたい」「ああで在りたい」という願望です。願望である以上は、そのことそのものに「興味」をもっていたり、「好き」であったりすることが第一条件なのだと思います。
であれば夢の描き方の第一歩は「自分の好きを知る」ことなのだと思います。

続いて考えるものは、他人もそれを喜んでくれるかどうか。要は社会性のある夢かどうか、です。
夢と現在の自分の間にギャップがあればあるほど、その夢を叶えるのには多大なパワーが必要になりますが、一人ではそのパワーを出し続けることは大変です。周りの人(家族や友人、同僚、ファンなど)に応援してもらうことは実におおきな力になっていくのです。

最後に自分がそれを叶えている姿を信じることができるかどうか。
結局は自分で信じることができない事は最後まで続けることはできないのだと思うのです。

夢を描くときに必要な三つ。特に最初の二つが揃っていると、いわゆるWin-Winの関係になれるので最初に考えるようにしましょう。

もしくは… 1・3・2の順番もありです。
自分が好きで始めて、それに無我夢中になって、その姿を周りの皆さんが応援してくれる。これもアリなのだと思うのです。

最初の一歩は「自分の好きを知る」こと。
今一度自分の事を振り返ってみませんか?

本を読むことで頭の中の想像力は大きくなり、更に多彩な夢へと変化をしていきます。テレビで番組を観ることで、新しい刺激を得て新しい夢を描くこともできます。
大切なのは刺激を受けまくること。たくさん刺激を受けていきましょう!

個人の活性化を組織の活性化に繋げます。

なりたい自分に成る。在りたい自分で在る。夢を叶える方法 #キャリア的視点 560”へ1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。