芸能人の複業:パラレルキャリア

キャリア的視点484

こんにちは(^^) キャリアコンサルタントのひだです。今日のテーマは「複業」です。

最近、Twitterをみていても「副業」の文字が踊り狂い、社会的にも副業解禁を始めている企業さんも増えてきました。しかし私がお勧めしたいのは「副業」ではなく「複業」です。
そしてその複業、皆さんの良く知る芸能人はずっと以前からやっているのです。そしてその複業をパラレルキャリアと呼びます。

さぁそれでは、日常に潜むキャリアの種を感じていきましょう。読了時間は3~5分です。

芸能人にみるパラレルキャリアとは

私もこれで昔は劇団に所属し、舞台に立っていた人間です。無理くりではありますが、芸能界に足の小指の先くらいは突っ込んでいたと言っても良いのではないでしょうか?(イマイチその自覚もありませんので、本当に無理くりですが^^;)
そんな私だからこそ、きっと芸能人のキャリアに関して語れるのではないかと…

そして芸能人と言えば、よくお店を経営していたり、ファッションブランドを立ち上げたりといった印象はありませんか? 全員が全員という訳ではありませんが、そんな印象が強い様にも感じます。

最近は副業解禁という事も有り、様々な場所で「副業」という文字を目にするようになりましたが、今回私がお伝えするのは「複業」です。

芸能人の場合ももちろん複業です。ファッションブランドを立ち上げつつ、そのモデルを自分自身で行う事で、タレントとしての自分の仕事にも良い影響を返してきています。ブランド戦略と言ってしまえばそれだけなのかもしれませんが、確かな複業です。

生き馬の目を抜く世界ですから、あの手この手を考えて戦略的に展開させているのです。たまに複業の方に力を入れ過ぎてしまい、元のタレント業がおろそかになって見かけなくなってしまう方もいますが、それはそれで実は職業的自己概念に沿った結果の選択なのだと思います。

映画などでみられる傾向ですが、俳優さんが声優を務めることで話題になる事がありますね。まぁあれは「映画の宣伝の為に」という制作側と、「幅広い活動領域」を求める俳優側の需要と供給の合致だと思っていますが、その結果、俳優さんは新たな複業を手に入れることになります。
俳優x声優x歌手(アーティスト)x〇〇x… の様に「芸能人」という枠の中ですら複業は可能なのです。

複業の見つけ方

私達が現在の職以外に何らかの仕事を見つけるにであれば、副次的な収入以外にも目的を持って戦略的に選択していきたいものです。

  • 会社の帰り道にちょうどあるからコンビニでバイト
  • 時給が良いから深夜の居酒屋で(現在はコロナの時短要請で都市部を中心にできませんが…)
  • SNSの複業紹介ツイートに釣られて

などでは本当に目先の収入(月に数万円の様な結果になるだけです。
先の芸能人の複業の様に自分自身に帰ってくる仕事を探すという方法はいかがでしょうか。

  • 現在の営業の仕事にフィードバックするために、企画会社でのアルバイトを始めた
  • 昔からの夢である「教師」を叶えたくて、塾の講師を始めた。
  • ケーキ屋で独立を考えている為、街で人気の店で修業を始めた

要は自分の「やりたい事」「成りたい姿」に繋がる仕事を副業とするのです。それが本業や将来の自分とのパラレルなキャリアを形作り、複業になります。なにも真綿らしいことを始めないといけない訳でもありません。今の仕事に関連付けて考えていけば意外に簡単に見つかるものです。

特に主婦はまさにパラレルキャリアです。旦那が一緒にやってくれないワンオペと言われる主婦は正にパラレルキャリアなのです。

  • 炊事:一日に3食程の食事を作る。
  • 洗濯:一家分の洗い物を干す。たたんでしまう。(洗うのは「洗濯機が…」とか言われかねませんので)
  • 掃除:全ての生活空間を清潔に。ハウスダストなどのアレルギー予防に効果的。
  • 育児:子どもの人数や年齢にもよりますが、小さく人数もいるほど大変。
  • 買い出し:一家分の食材や備品の購入。最近は宅配も増え、更に毎日行く必要もないとはいえ体力仕事。

これに正社員やパートでも働きに行っていれば更に増えます。
家事は「家の事業」、仕事は「仕える事業」です。両方とも人にとって大切なキャリアです。

家事も立派な複業です。会社員として働いていないとキャリアを構築していけないと考えるのはあまりにももったいない話ですね。資格取得と同じレベルで副業を戦略的に複業に昇華していけたら、これからの人生に大きな一歩となるのではないでしょうか。

個人の活性化を組織の活性化に繋げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ペットと呼ばれる家族の存在

次の記事

泣くという事